お金借りたいフリーター

フリーターの人でも20歳以上で安定した収入があればカードローンやキャッシングでお金借りたい時に申し込みができます。カードローンとは、銀行や消費者金融どから発行されたカードを使ってお金を借りることを言います。

 

金借りたいと思って借りたお金は住宅ローンやマイカーローンとは違って、カードローンは自由に使うことが出来ます。

 

しかし、自由に使えるからといって事業資金には利用出来ません、事業者には事業者専用のローンがあります。あくまで個人で利用するに留めましょう。

 

 

銀行のカードローンのカードは2種類存在します。ひとつは、銀行の通帳のキャッシュカードにローン機能が組み込まれたカード、もうひとつはカードローン専用のカードです。

 

カードローンの特徴は、担保や保証人を必要としないところにあります。保証には、保証会社を利用します。カードローン審査時に保証会社の審査も行われます。

 

フリーターでも定職についていればお金を借りたいときに申込可能

銀行系のカードローンは、定職に就いていてその銀行に十分な預金があれば、比較的審査に通り易いと言われることもあるのですが、定かではありません。

 

定職に就いて居ないのであれば、消費者金融のカードローンに申し込んでみましょう。フリーターでも、半年以上勤務した実績があれば申し込みは可能となるでしょう。

 

カードローンの返済方法は、リボルビング方式が一般的です。長期間の借り入れは利息がかさみますので注意しましょう。

 

フリーターであっても即日融資は可能

フリーターがお金借りたい時、借入先としておすすめなのは銀行よりも消費者金融の方と言えます。銀行よりも利用の条件が厳しくなく審査の内容も柔軟になっているために、フリーターでも申し込みすることができるからです。

 

またその場合ならば即日融資も期待できますし、消費者金融のカードローンやキャッシングならば、フリーターであっても今すぐお金借りたいという時に頼りになるサービスと言えるのです。

フリーターが即日お金借りたい時に必要となる条件3つ

正社員として労働することを希望していてもなかなか就職できないこともあり、正規雇用職員の求人をチェックしながらもアルバイトで生計を立てているという人もいるでしょう。

 

そんな時でも即日融資でお金借りたいと思うこともあるでしょうし、実際に利用することができたら本当に助かりますよね。

 

ですが、それには3つの条件があるのです。

  • 20歳以上であること
  • アルバイトなどでの安定した収入があること
  • 信用情報に問題がないこと

もっともこれは即日融資を希望しない場合であっても、金融機関からお金借りたい時に必ずクリアしなくてはならない最低条件とも言えます。

 

フリーターで未成年はお金借りれない

定職に就いてないフリーターであり、しかも未成年であるという人が安全な金融機関からお金借りることは難しいです。

 

未成年であっても学生ならば親の承諾を得ることでキャッシング可能となる一部の学生ローンがあるのですが、フリーターの場合にはそのようなローンはありません。

 

フリーターでもお金借りたいという時には、まず20歳以上であることが必須となるのです。

 

フリーターがお金借りるなら一定のバイト収入が必要

フリーターがお金借りたい時に正社員の人よりカードローンやキャッシング審査に通りにくくなるということは否定できません。

 

金融機関ではきちんと返済してくれる可能性の高い人にしかお金を貸してくれないため、月給制により毎月安定した収入を貰っている正社員に比べると、フリーターの場合には返済能力に疑問を持たれることも多くなるでしょう。

 

フリーターが借り入れの申し込みをする際には、直近2か月分の給料明細書が必要になる場合もあるため、事前に用意をしておくと良いですね。

 

信用情報に問題があるとキャッシング不可に

フリーターだけでなく正社員であっても信用情報に問題があるとキャッシング不可となってしまいます。

 

フリーターであることから収入が安定しないなどの理由で過去に他のキャッシングサービスで返済の延滞があったり、債務整理などの履歴がある場合には、信用情報の照会でカンタンにその事実が判明してしまうんです。

 

フリーターの人でもカードローンの利用は可能ですが、利用中は返済の延滞に注意して、良いお客さんになることが大切となります。

 

お金借りたい