主婦でもお金を借りたい

主婦がキャッシングをする場合、通常のキャッシングの申し込みと同じように他社での借入れ状況や過去の借入履歴が信用情報機関に照会されます。

 

主婦であっても仕事をしていて、所得控除(※所得控除とは)を超えるほどの収入があり、ご主人とは別の健康保険証に加入しているのであれば本人に返済能力があると認められ、基本的にはご主人の会社に在籍確認を取ることはありません。また、いくらでも借りたいというわけにはいかず、限度額も高めに設定される事が多いようです。

 

そういった高い収入が無くても、今では申し込み時に「主人には内緒で」と伝える事によって配慮してくれるキャッシング会社が増えています。審査の為に自宅に電話を掛ける際も、何かのセールスを装ってくれたりする会社もあります。

 

主婦の人が今すぐお金を借りたいとなったら・・・

主婦だってお金を借りたい状況になることも、たくさんあります。
キャッシングをするには、審査を受ける必要があります。
無人契約機などでは、審査なんてしていないように思えますが、氏名・生年月日・住所などがあればコンピューターが瞬時に個人情報と照らし合わせ、結果が出る仕組みになっているのです。事前診断や審査が終わると、限度額が決まります。

 

審査基準はキャッシング会社によって違いますから、もし限度額が期待に添わない場合には別のキャッシング会社にもう1度申請してみると良いでしょう。

 

主婦の借り入れには必要となる知識がある

主婦がキャッシングしたいという時、誰もが何処からでもお金借りれるとはならないのが現状です。

 

審査に通る、高い限度額がもらえるということは重要ですが、それ以前に申し込みが可能かという問題もありますので、まずはその金融機関に申し込みができるか否かをチェックする必要があります。

 

主婦の借り入れには他の職業の人とは違い必要となる知識があるのです。

 

主婦には2つの種類があり、借り入れの方法も異なっている

主婦と言っても実際には2つの種類に分類することができますよね。

  • 兼業主婦(安定収入アリ)
  • 専業主婦(安定収入ナシ)

このように主婦には毎月安定した収入がある兼業主婦と、家庭内では掃除や子育てなどの家事をこなしているものの、収入は1円もないという専業主婦との2つに分けることができます。

 

そのため、主婦の種類により申し込みが可能となる金融機関にも違いが出ているのです。

  • 兼業主婦:銀行・消費者金融・クレジットカードのキャッシング枠
  • 専業主婦:銀行のみ

このように収入の有無により利用できる金融機関には大きな違いが出てきてしまうのが現状となっています。

 

主婦の借り入れ、その違いの原因は総量規制

主婦の借り入れで収入の有無が大きく影響する原因となっているのが「総量規制」という法律です。

 

貸金業法に沿って融資をしている消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、総量規制という法律を守る必要があります。

 

こういった業種のキャッシングサービスで個人が借り入れをする時には、借入金の総額が年収の1/3以下に制限されてしまうのです。

 

そのために安定収入のある主婦ならば基本的にどこの金融機関でも申し込みができます。一方、収入が0円の専業主婦がキャッシングしたい時には、消費者金融などの貸金業で借り入れすることは不可能となります。

 

ただし銀行カードローンならば総量規制は関係ないため、限度額は少な目ながらも専業主婦でも申し込みすることができますし、「旦那に内緒」の借り入れも可能です。

 

パートやアルバイト、派遣などの主婦なら借入先の制限ナシ

総量規制により消費者金融などでの借り入れを制限されてしまう専業主婦であっても、パートやアルバイト、派遣などの仕事を始めることで借入先の制限をナシにすることが可能になります。

 

それでも家族のために家事を完璧にこなしている専業主婦にとって、外でパートやアルバイトなどで働くことは負担も大きく、本当に大変ですよね。

 

それでも働いていくらかでも毎月安定した収入を得ることができれば、家計の管理も楽になりますし消費者金融でのキャッシングも可能になるため、一石二鳥と言うことができるでしょう。

 

消費者金融にはレディース専用のカードローンを用意しているところもあるので、主婦がどうしてもお金借りたいという時にでも安心して相談や申し込みができますよ。

 

今すぐ金借りたい特集