サラ金と消費者金融の金利と低金利キャッシング

消費者金融は以前までサラ金と呼ばれていました。
当時は貸金業に対する法律も整っていなかったのもあって、サラ金業者は各業者ごとに金利を定めていました。貸金業を安定させる必要があったこともあり、高金利を課していたという背景もあるようです。

 

中には金利が20%を超える業者も存在していたため、今でもサラ金時代の貸金業者を知る方が『キャッシングは高金利を取られてしまう』という認識をいまだに改められないケースも少なくありません。

 

現在、20%超えの金利を定めたキャッシング会社は、金融庁の認可をもらい登録番号を持っている会社の中には存在していません。

 

何故なら、ようやく貸金業に対する法令が整ったからです。2010年6月以降、金利の上限は20%と決められました(参考:日本貸金業協会「知っておきたいお借入れのルール・上限金利について」

 

銀行との金利差も少額や短期間の借入れならそれほど気にならないほどですし、いまどき20%を超える金利を設定しているところはヤミ金融くらいと言えるのです。(参考:金融庁「違法な金融業者にご注意!」

 

しかも嬉しいことに、日本版ビッグバン(参考:Yahoo!知恵袋「金融ビッグバンの簡略について質問です。」IT革命を背景とした金融規制緩和の導入によって、銀行やIT企業など多種多様な会社が貸金業に参入できるようになりました。色んな会社が貸金業をするようになるということは、競争が生まれます。

 

会社同士で競争をしてくれるので今までよりぐんと金利が安いところが出て来たり、即日でお金が借りられるようになったりと金借りたいと思う利用者にはありがたい状況にあります。

 

低金利キャッシングなら銀行カードローン

様々な企業の参入により、銀行カードローンは増々低金利となっているようです。元々あった銀行を巻き込んで更に低金利化が進んでいる現在では、利用する側にとっては嬉しい相乗効果とも言えるでしょうね。

 

低金利でお金借りたいと考えるのは誰もが同じですよね。低金利のカードローンを探している人ならば、消費者金融よりも銀行カードローンのホームページに記載されている金利に注目してしまうことでしょう。

 

例えば、公式サイトで金利を「年1.8%〜14.5%」と記載しているメガバンクのカードローンもありますし、「年3.8%〜13.8%」という低金利になって、主婦層をメインターゲットにしている大手スーパーから誕生した銀行のカードローンもあるのです。

 

他には利用限度額が最大50万円という少額融資であり、一律15.0%という金利となっている大手コンビニの親会社が展開する銀行カードローンもあります。

 

銀行カードローンからどのくらいの金利でお金借りれるの?

限度額の低い銀行カードローンならば一律で金利が設定されることもありますが、最大で500万円や800万円、1,000万円という高額の利用限度額が設定されている場合の金利には、上限と下限があるのです。

 

消費者金融からお金借りたい場合でも同様となっているのですが、例えばメガバンクの1つである三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の場合には以下のような金利設定となっています。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利

  • 500万円以下 400万円超:年1.8%〜年6.1%
  • 400万円以下 300万円超:年6.1%〜年7.6%
  • 300万円以下 200万円超:年7.6%〜年10.6%
  • 200万円以下 100万円超:年10.6%〜年13.6%
  • 100万円以下 10万円以上:年13.6%〜年14.6%
(→三菱UFJ銀行カードローン バンクイックHP「金利とご利用限度額」

バンクイックの金利は1.8%〜14.6%ということになるのですが、誰もが1.8%でお金を借りれる訳ではなく審査で決定する利用限度額の金額によって違ってくるのです。

 

少しでも低金利のところで借りたいと思う時には、最も低い金利に注目してしまいがちですが、100万円未満のお金を借りる場合には、そのカードローンの最高金利が適用されるのが実状となっているのです。

 

例えばバンクイックで10万円借りる場合には最高金利の14.6%が適用される可能性が高いですが、大手の消費者金融で同額を借りる場合に設定される金利18.0%との利息の差は30日間で279円しかありません。

 

少額の借入れであり短期間で返済できる場合ならば、審査の通りやすい消費者金融の方が便利と言えるでしょう。

 

徹底的に低金利にこだわるなら消費者金融の無利息がおすすめ

絶対に低金利で金借りたいと思う人が最終的に検索で行き着くのが、「消費者金融の無利息サービス」でしょう。

 

前出の三菱UFJ銀行カードローンで10万円借りると30日間で1,200円の利息が発生しますが、無利息サービスある消費者金融であれば30日間の利息が0円となるのです。

 

低金利でお金借りたいならば即日融資に対応してくれることも含めて、消費者金融の無利息サービスの利用も視野に入れると良いでしょう。(→消費者金融の無利息キャッシングについて解説している記事

 

今すぐお金を借りたい