即日に金借りたいことだってある

普段生活している中で、急にお金が必要になった場合にキャッシングは頼もしい味方になってくれます。

 

銀行の営業時間内で銀行の預金口座からお金を引き出せれば良いのですが、急な飲み会などで突然現金が必要になったり、

 

給料日までピンチ!前借りの代わりに!

給料日までのピンチを乗り切りたい時など、金借りたい!と思った時はキャッシングは重宝します。

 

消費者金融のキャッシングでは即日融資に対応しているところが多いので、パソコンやスマートホン、タブレット端末などからインターネットで申し込み、

 

仮審査をする事で即日融資が受けられる可能性があります。

 

ただし、気を付けなければいけないのは即日融資対応にもタイムリミットがあるというところです。

 

即日融資のタイムリミットは各金融業者によって異なりますので、申し込む前にwebサイトなどで確認しておきましょう。

 

無事に仮審査完了の通知を受ければ本人確認書類を送信して本審査を受けます。本審査に通れば融資の手続きをするといった流れになります。

 

即日融資でお金借りたい!その方法とは

どうしても即日で、今日中にお金借りたいという時には申し込みで注意する点がいくつかあります。またカードローンが利用できる銀行と消費者金融でも即日融資についての内容は異なっているんです。

 

申し込みをすること自体はインターネットで手続きを開始することがおすすめであり、それについては銀行も消費者金融も同じとなります。

 

問題はその後の手続きということになるのですが、以下で銀行と消費者金融の即日融資の違いについてカンタンに説明していきますので、とにかく急いでいる時にも参考にしてみてください。

 

銀行で即日融資を受けるには口座が必要な場合が多い!

銀行カードローンで即日融資を受けたいと思う時、多くの場合で発生する問題が「預金口座の有無」ということになります。

 

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも更に厳しく、契約まで無事に辿り着くのは大変な部分もあります。それに加えて、せっかく銀行カードローンで審査に通ることができても口座がないばかりに即日融資が受けられなかったというケースは普通に良くあることです。

 

預金口座があればその口座に振込みしてもらえますし、手元にあるキャッシュカードをローンカードとして兼用することも可能になるからです。

 

そのため、申し込みをする前に即日融資を受けるための条件について把握しておく必要があるのです。

 

銀行では平日14時を過ぎると即日融資が難しくなる

銀行カードローンの審査に通過し、必要な書類を提出すると契約完了となります。

 

その後に初めて振込みによるキャッシングの申し込みをすることになるため、その時間が平日の14時を回ってしまうと銀行が振込受付を終了してしまう確率が高くなってきます。

 

銀行の業務は通常平日の午後3時となっているため、当日分の振込業務については受付の時間をそれよりも数十分早くしているのです。

 

ただしいくつかの銀行では自動契約機を設置しているところもありますので、それならば当日中にローンカードを発行することでATMからの即日融資が可能になりますが、ただそのような銀行はとても少ないです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行カードローンレイク

有名な銀行ですと上記の3つくらいとなっています。

 

消費者金融なら即日融資が可能

消費者金融はサラ金とも呼ばれているため、イメージが悪いと思っている人もいるでしょうね。

 

それでも今の消費者金融は特に大手ならばテレビCMでも有名ですし、銀行の保証会社も担っている所もある程なので、安心安全にキャッシングすることができるようになっているのです。

 

大手の消費者金融では、そればかりか銀行にはないサービスも多くあるため、むしろコチラの方が便利と言えかも知れません。

  • 審査は申し込みから最短30分回答
  • 融資は最短1時間で振込可能
  • 土日の借り入れも可能
  • どこの銀行口座でも利用可能
  • 無利息サービスがある

 

消費者金融なら平日14時を過ぎても即日融資も期待できる

消費者金融の中でも特に大手ならば自動契約機を店舗に設置していますので、平日の14時を過ぎて銀行に即日で振込みしてもらえない場合でも、カード発行により即日融資が可能になるのです。

 

これは土日の申し込みであっても同様であり、審査に通ることができれば、自動契約機まで足を運びカード発行して併設されているATMや提携銀行・コンビニのATMからでも即日キャッシングが可能になります。

 

 

引用サイト:お金を借りる 即日