カードローンの限度額

カードローンでは審査されたら、審査の結果で借りられる限度が設定されます。
(例えば、ローンのシュミレーションなどがあります)
(→こちらは賃貸業教会の資料です)
契約限度額、利用限度額と呼ばれる限度の金額が存在します。契約した時の借りられる最も大きい金額が契約限度額で、使う人によって違う借りられる金額が利用限度額です。

 

使う人の使い方によって利用限度額を増やしたり、減らしたりできるようになっています。ですので、借りたい金額を増やした時にもう一回契約し直したり、様々な手続きをやらなくても良くするために、利用限度額と比べて契約限度額が大きくなっていることがあります。

 

金額が減らされてしまうのは、お金を返すのが遅れたり、別の会社でも借りたりすることが要因になっていることがあります。お金を返す時期を守って、別の会社でも借りたりしないと、金額が増やされることもあります。

 

ですが、金額が増やされても使わないお金を借りたりしないように気を付けないといけません。

 

カードローンサービスが審査する時には、別の所からお金を借りているか確認しますし、別のサービスからも借りているなら、ちゃんとお金を返しているかも確認しています。

 

もしお金を借りているなら、遅れないで返すようにしていると、信用される度合いも増えていきます。ちゃんとお金を返していくと、返すための力があると考えてもらえるので、信用してもらえて、限度額も増やしてもらえます。

 

逆に期限になってもお金を返していなかったり、期限の後に返すことを何回もしていると、信用してもらえなくなって、限度額も減らされてしまいます。

 

ちゃんと借りたお金を返済するような普通のことをしていれば、お金を返していくうちに自然に信用してもらえて、審査にも落ちにくくなることを覚えておきましょう。

 

カードローンの限度額に影響する2つのこと

 

初めてカードローンを利用する場合、その利用限度額は審査で決まります。カードローン審査と言えば、「審査が通る」、「審査に落ちる」という言葉が良く使われるほど審査通過の可否を決める手続きという認識を持っている人は多いでしょう。

 

それでも審査ではそのお客に対してどのくらいまでの金額なら融資できるかということも決めているのです。審査に通ることができても希望の利用額まで借りることができない場合があり、それには2つのことが影響していると言えます。

  • 年収
  • クレジットヒストリー

 

カードローンやキャッシングを利用する際には、いくらお金を借りたいと思ったとしてもこの2つのことが審査に大きく影響するため、審査に通るだけでなく希望するお金を借りれるために知っておきたいこともあるのです。

 

利用限度額の決定には年収が大きく関わっている

利用限度額は審査で一旦決定すると、問題なく利用できている内は基本的にはその金額の範囲内で借り入れできます。

 

銀行カードローンではキャッシュカードとの併用も可能な所が多く、消費者金融では自動契約機による即日発行も可能になっているため、その場合には申し込みをした当日中に付与された限度額いっぱいまで借り入れすることも可能です。

 

そのため、審査の際に決定される利用限度額には年収が大きく関わっていて、年収の高い人ほど借りられる上限の金額が多くなり、利用の幅も広がるということになります。

 

利用限度額は銀行と消費者金融で異なる場合も

初めて金融機関でカードローン利用する場合、与えらえる利用限度額は年収によるところが大きいですが、銀行と消費者金融では同じ人が利用する場合でも限度額には差があると言われているんです。

  • 銀行:50万円ほど
  • 消費者金融:30万円ほど

誰もがこの金額を利用限度額として設定してもらえるという訳ではありませんが、初めての利用ではこのような金額が目安となっているみたいですよ。

 

銀行では消費者金融よりも多くの金額が借りられる可能性もありますが、その代わりに審査が厳しくなっているため銀行カードローンの審査に通過することがまず初めの課題と言えるでしょうね。

 

借りたいだけじゃダメ!利用限度額にも影響するクレジットヒストリー

【参考記事:クレジットヒストリーとは〜クレジットカード用語集

 

お金を借りれるとなった場合、いくらでも借りたい!なんて思うかもしれませんが借りれる額が決まっています。利用限度額を決める大きな要素は年収の金額にあると言えますが、実はその他にも限度額の金額を左右する材料があり、それがクレジットヒストリーと呼ばれるものです。

 

クレジットヒストリーという言葉を聞いたことがないと言う人も多いかと思いますが、これは一口で言うならば「借り入れの利用状況」ということになります。

 

別の言い方をするならば信用を担保にお金を借りた履歴ということになりますが、利用限度額の決定をする際には以下のようなことがチェックされるんです。

  • キャッシング履歴の有無
  • 返済の状況

詳細は以下で説明していきますね。

 

キャッシング履歴はナシよりアリの方が良い

カードローンやキャッシングの申し込みを金融機関にする場合、今まで一度もお金借りたことがない方が審査に有利になると考えている人は多いかも知れません。

 

ですが、今までお金借りた履歴がない、つまりクレジットヒストリーのない人は「ホワイト」と呼ばれ、意外なことにキャッシング履歴がある人よりも審査に通りにくいと言われているんです。

 

そのために時間に余裕があればクレジットカードを利用し、期日通りに返済したという履歴を作っておくことがおすすめとなります。

 

ただしクレジットヒストリーはあるだけでなく、その内容が重要となりますので、返済の遅れや滞納には充分に注意しましょう。

 

 

お金借りたい