公務員でもお金借りたい!どこで借りれる?

公務員とは国や地方自治体の職員であり、一般企業とは異なる安定性があるため、消費者金融のキャッシング審査でも有利に働く傾向にあるようです。

 

公務員が利用できる無担保の借り入れには以下のようなものがあります。

  • 共済組合の貸付制度
  • 銀行のカードローン
  • 消費者金融カードローン、キャッシング

公務員には専用の貸付制度がありますが、職場に借り入れがバレるのは困る、今すぐにお金借りたいという時には銀行のカードローンや消費者金融での借り入れを利用するという選択肢もあります。

 

そのため、一般企業に勤めている人よりも借り入れの選択肢は多いと言えるでしょう。

 

共済組合の貸付制度とは?

【参考:地方職員共済組合「貸付事業の詳細」

 

共済組合の貸付制度とは公務員が利用できる貸付けであり、それ以外の人の利用はできません。

 

例えば地方職員の共済組合では、以下のような支出に対応することを目的とした貸付けが利用できるようになっています。

  • 自動車の購入
  • マイホームの取得
  • 災害に遭った際の復旧
  • 医療費
  • 教育費
  • 冠婚葬祭

共済組合の貸付制度はこのような目的で臨時の資金を必要とする時に資金の貸付けをしてもらえる制度となっています。

 

利用資格と金利は利用の目的による

共済組合の貸付制度を利用したい時、公務員であれば誰でも利用できるとは言えない場合もあります。

 

組合員となっている期間が1年以上である必要があり、またその期間によって借り入れ可能な金額が違って来るのです。

 

また利用の目的によって金利や返済期間が異なっているという特徴もあります。ただし低金利で借りれることや返済期間が10年以上となっていることから、やはり公務員に優しい貸付けであるということは間違いありません。

 

ただし、勤務年数が1年未満の人や自由な目的でお金借りたい時、今すぐにお金借りたい時には、消費者金融などでカードローンを利用する方が便利な面もあると思います。

公務員がお金を借りたいときには?

公務員には共済組合の貸付制度があり、お金を借りたいときに、その種類もそれぞれの目的に応じた貸付があるので、金利が安いという事からも便利な貸付と言えます。

 

消費者金融を利用する時には、公務員の場合は審査に通りやすいと言われている為、消費者金融の利用はしやすいと言えます。だからと言って余りにも気軽に消費者金融を利用し過ぎた場合、多重債務者となってしまい返済が困難になる事もあります。

 

その場合には債務整理を利用する事で借金を免責して貰う事もできますが、共済組合からも借入れがある時には、任意整理を利用する事で共済組合への返済は今まで通り続ける事ができます。そうする事によって職場に借金の事実が知られてしまう事を避ける事ができます。

 

〈共済組合貸付を利用している場合の債務整理〉

 

公務員が債務整理を行う場合で、他に共済組合貸付を利用している場合には、債務整理の4つの方法から選ぶべき方法が自ずと決まって来ます。4つの債務整理の方法とは自己破産、個人再生、任意整理、特定調停があります。

 

自己破産では全ての借金を帳消しにする債務免責方法なので組合の貸付も免責の対象となります。また個人再生では住宅ローンの返済のみを残してそれ以外の借金の減額をして貰う方法となっていますので、当然共済組合での貸付にも影響をする事になります。

 

職場に知られないように、共済組合貸付にも影響が出ないように債務整理をするには、「任意整理」を利用する事になります。任意整理は借金の減額をしてもらう債務を自分で選ぶ事ができます。共済組合には今まで通りの返済を続け、その他の借金の減額をしてもらう方法である為に、職場に債務整理の事実を知られてしまうというリスク少なくなります。また官報等に任意整理の事実が掲載される事もないので、安心です。

 

公務員の債務整理、デメリットも大きい

公務員であることで審査に通りやすい傾向にあることから、実際に公務員であってもカードローンでお金借りる人は多いようですし、返済に困って最終的に債務整理をする人もいるようです。

 

債務整理は利用する方法によっては職場に知られずに実施することが可能ですが、だからと言って消費者金融で借りたお金が返済できなくなった場合、必ずしも債務整理がおすすめということではありません。

 

債務整理には必ずペナルティがあり、メリットよりもデメリットの方が大きい場合もあるのです。

 

公務員の債務整理、そのデメリットとは?

債務整理とは基本的には借金の一部、あるいは全額の返済や利息の支払いを免責してもらえる制度となっています。

 

多重債務となってしまった公務員にとっても有り難いシステムではありますが、契約時に交わした返済についての約束を守れなかったということになり、信用を完全に失ってしまうというデメリットもあるのです。

 

そのため、今後住宅ローンを組んだり、生活費の不足などで新たにカードローンで申し込みをしたいと思っても、最短でも5年間は審査に通らないことになり、お金借りたいのに借りれないという状況が続くことになります。

 

 

お金借りたい